自宅でエイジングケアをはじめよう【肌の悩みを回避】

正しく使用して効果アップ

美容液

基礎的な使い方

間違ったスキンケアや過剰なスキンケアによって、肌の老化スピードが加速してしまうケースがよくあります。肌のシミやシワ、ほうれい線のたるみなどを予防するエイジングケア化粧品は、正しく使うことで効果が出ます。自分では正しいと考えていても実は間違っているケースもあるので、今一度正しいスキンケアとはどういうものか見直してみることをお勧めします。スキンケアをするときには、まずは顔の汚れを落としておく必要があります。洗顔は朝と夜2回で十分です。メイク直しのたびに洗顔をしていると乾燥や肌老化が悪化するので注意が必要です。清潔なタオルで水分を優しく吸い取ったら、すぐに化粧水をつけます。エイジング化粧水は高級なものが多いですが、もったいがらずにたっぷりつけることが大切です。コットンでつけてもいいですが、安いコットンの場合繊維が肌に残ることがあるので、質の良いコットンを使うのがお勧めです。エイジングケアをするなら化粧水で角質を柔らかくしてから美容液をつけます。エイジングケアの場合、化粧水よりも美容液のほうをたっぷりめにつけたほうがアンチエイジング効果があります。美容液で肌に美容成分を浸透させたら、次に美容クリームなどを塗って肌の油分バランスを整えるようにします。目のシワやたるみが気になる場合はアイクリームが効果的です。アイクリームは目の周りの皮膚に優しい成分で出来ているので、効果的に目元のエイジングケアができます。