自宅でエイジングケアをはじめよう【肌の悩みを回避】

美容液

正しく使用して効果アップ

スキンケアは毎日することなので、それが間違っていると積み重なって肌老化の原因になります。いつまでもハリのあるみずみずしい素肌を保つために、正しいエイジングケアの仕方を身につけておくことをお勧めします。

基礎化粧品

肌年齢に合わせた化粧品

一定の年齢になったら、エイジングケアを始めるのが当たり前になってきており、専用の製品を活用するのがベーシックとなっています。エイジングケアの基本的なことをしっかり学び、肌のトラブルに備えておきましょう。

スキンケア

色素沈着の予防を目指す

プラセンタエキスや水溶性ビタミンC誘導体が含まれている化粧品は、肌の栄養バランスを整えながらシミにも対処しやすいです。肌細胞を活性化する効果が期待できて、エイジングケアに最適な化粧品を求めている方々におすすめできます。

女の人

美しい肌を保つには

肌のキメが三角形に整っていると透明感が生まれて化粧ノリが良くなります。皮脂バリアが少ないとキメが荒れてくるので、いつまでもキメが整った若々しい肌を保つためにエイジングケアで保湿をしっかりとすることが大切です。

化粧水

乾燥予防で必要なもの

年齢肌が気になってきたら、ワンランク上のアイテムを毎日のスキンケアに組み込むことをお勧めします。美容液やシートパックを使ってエイジングケアをすれば、肌内部の保湿効果が高まり、シワやシミの予防ができます。

ビタミンC誘導体の特徴

手

肌トラブルに効果的

エイジングケア成分を配合している化粧品でスキンケアをすれば、肌のシワ・たるみやシミの予防ができます。肌に浸透しやすく、エイジングケア効果が高い美容成分が「ビタミンC誘導体」です。ビタミンCは水溶性で溶けやすいビタミンで、肌につけてもすぐに蒸発してしまいます。しかし、スキンケア用に誘導体化したビタミンC誘導体なら、素早く浸透して角質層などの皮下組織に働きかけます。ビタミンC誘導体はあらゆる肌トラブルを改善に導く、優れたエイジングケア成分です。コラーゲンの生成を促進し、肌にツヤとハリを出して毛穴の開きをなくす働きをするので、たるみが気になる肌に最適です。また、メラニンがシミになるのを予防し、肌を白くする美白効果もあります。シミやニキビ跡に効く化粧品の多くにビタミンC誘導体が配合されているほどお馴染みです。さらに過剰な皮脂分泌を抑えて、ニキビができるのを予防する効果もあります。ビタミンC誘導体には水分ベースのものと油分ベースのものがあります。基本的に水分ベースは化粧水に、油分ベースは美容液や乳液やクリームに配合されています。水分ベースのビタミンC誘導体は、コットンを使うとムラなくつきます。またはイオン導入美顔器がある場合は、導入剤としてビタミンC誘導体化粧水を使うのがお勧めです。もともと吸収されやすいビタミンC誘導体ですが、イオン導入をすることでさらに奥深くまで吸収されるのでエイジングケア効果を感じやすくなります。